舌下免疫療法

スギ花粉症の新しい治療法
舌下免疫療法

学生の方、特に数年後に受験を控えた方にお勧めしています。

受験シーズンは花粉の飛散時期が重なってしまう厄介な時期です。
せっかく努力して積み上げた知識が花粉症の影響で受験当日に発揮できないと
なると悔やんでも悔やみきれません。
将来の受験シーズンに備えて今から準備をしっかりしておくことは非常に重要です。

まだまだこれから何十年も日本国内ではスギ花粉は飛び続けます。
舌下免疫療法は治療期間は長いですが、その分しっかりと治療をした期間だけ効果も長く続きます。

これから数十年、花粉症で苦しむことを考えれば
受験を将来控える学生さんに限らず、大学生や社会人の方にも
ぜひトライしていただきたい治療法です。

初夏から秋が舌下免疫療法を始める絶好のタイミングです。 スギ花粉症の舌下免疫療法はスギ花粉飛散中には開始することができません。
スギ花粉のシーズンが終わったのち、5月~11月の間に舌下免疫療法を開始していただきます。(個人差がありますが、来年のスギ花粉シーズンに早くも治療効果が現れる方も多くいらっしゃいます。)

舌下免疫療法の開始にあたっては、スギ花粉のアレルギーがあることを血液検査で確認し、治療法についてご理解いただいたうえで初回のエキス投与を院内で行います。 比較的耳鼻咽喉科医院が落ち着いている夏の時期であればお待たせせずに舌下免疫療法を始めていただけます。(初回受診の際は、順番予約システムもご利用ください)

舌下免疫療法の手順についてはコチラをご覧ください。 スギ花粉症に対する舌下免疫療法は、 2014年10月から新しく認可された治療法です。
治療を受ける方々が増えるに従って、副作用も少なく、治療成績も良いことがわかってきました。

スギのエキス「シダトレン」を少しずつ舌の裏(舌下)から服用し、その量を徐々に増やすことにより
体をアレルギーの原因物質に慣れさせる根治療法です。


初回治療は当院にて実施します。

その後は、当院の指導の下に患者様ご自身が毎日「シダトレン」を口に含んでください。
当初は低濃度から服用し、少しずつ高濃度に移行します。
この治療を2~3年継続することで効果を発揮します。

既に舌下免疫療法を開始された方のうち、
8割以上の方がスギ花粉の飛散時期に効果を実感されています。

舌下免疫療法による効果 ●くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善
●涙目、目のかゆみの改善
●抗アレルギー薬の減量
●QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の改善
 ⇒個人差はあるものの、8割以上の方に効果が確認されています。(※2~3年継続的に治療を続けた場合)

舌下免疫療法の治療の流れ スギ花粉の飛散が始まる直前から飛散時期に治療を開始しても効果が薄く、また安全性も考慮し、治療の開始は6月~11月の間にスタートします。

1週目~2週目は増量期とし、3週目以降は維持期として、治療を続けます。
投与法としては舌下に滴下し、2分間保持した後、飲み込みます。
その後5分間は、うがい・飲食を控えてください。

治療費の目安
(3割負担の方でクリニックと薬局の合計額)
初回の受診時は2,000円弱が目安です。
その後、「シダトレン」投与後2週間は、1週間に1度通院ください。
その際の治療費は1回あたり1,500円程度が目安です。
2週間以降は1ヶ月に1度は通院してください。
その際の治療費は2,000円弱が目安となります。
※すべてお薬代を含みます。
※アレルギー検査が必要な方は別途料金が必要です。
※花粉飛散時期は、症状によりアレルギー薬が別途必要になることがあります。

pageTOP