ドキドキイビキ職人みみはなこのブログドキドキ 
いびきと睡眠時無呼吸 で悩む
すべての人々とその隣で眠る相棒たちに
捧げるメッセージをお届けすべく始めました。
アメブロの過去のブログをご覧いただければ、
いろいろなパターンのイビキに悩む
愛されるべき人たちが織り成す物語をお楽しみいただけます。  
なにかのお役に立つこともあろうと思います。
ラブラブ どうぞよろしくお願いします ラブラブ

2年前に人知れず患って、乗ってたハーレーに乗らなくなり、近頃手放して、モンキーでトコトコお出かけを始めました。が、

土曜日、帰宅したら、カワサキさんが来てて、ビックリ。

おまえの。と、ottoちゃん。

へ?あたしの?

もはやでっかいの乗れない、かと不安でしたが、1200乗ってたんだから、250はいけるさ〜〜

久しぶりのツーリング^_^

信楽まで、下道往復160km!

あたしの遅さにシビレきらして先回りして撮ってくれた。

4962C648-2C5E-4650-9EAB-C115F26923E2

スギ花粉ロードでした。

みなさん、花粉は山から飛んで来てます!


ミモザ満開です。

木蓮開きました。

あとは桜を待つばかり。

春ですね。

 


電車からドン・キホーテの看板が見える。いつもの風景なのに、今朝は何故だかわからないが「驚安の殿堂」という言葉が目に止まった。一体なんと読むのだろう?それさえわからないから、検索。「きょうやす」らしい。「激安」の上をねらってとか。

思い出しました。その昔、高校時代の国語の先生が、「最近の即席ラーメンのコマーシャルで「即!」と言ってるの、あれね、僕は違和感を感じてしまうんですよ」とおっしゃったことを。

もはや、造語なのかどうなのかさえわからなくなって、今ここでキーを叩くと変換さえしてくれる「激安」「激やせ」「激辛」

そのうち驚安に倣って「驚やせ」「驚辛」も変換されるようになるかも。

それにしても、「生活が美味しい」なんて時代、コピーライターのお仕事は「仕業(しわざ)」と言いたい言葉も多いなあ。

ぼやいてるうちに八尾に着きました。

もひとつ独り言。

なんで春に咲くのにクリスマスローズっていうんだろ??

生まれ変わったら高校の現代国語の教師になって、つぶやきたいと思うこのごろです。


桜🌸並木に沿うお家に大きなミモザの木があって、桜のピンクとミモザの黄色のコントラストがあまりにも美しかったので、5年ほど前になりますか、子供の背丈ほどのミモザの若木を通販で買って庭の片隅に植えました。

それが、なんと、いまや、

屋根を越える大木になり、枝は乱れて伸びまくりでして。美しいには美しいのでありますが。今年もじっくりと花芽が色づき、そろそろ季節になります。

 

 

 

 

 

まあ、自分で植えたんだから、その成長を喜んで眺めてますが、この暴れ枝、中高生に成長して、思う通りにならぬ我が子のようなものでしょうか。

ミモザはよそのお庭で咲いてるのを眺めるがよろし。


今日は桃の節句

うちのお雛さま、どうされてるかなあ。

と思いながら


慢性上咽頭炎が、さまざまな病気を引き起こす!

このことは当院のホームページでもBスポット治療のところで解説していますが、

この度、こんな本が出版されました。

執筆は腎臓疾患専門の堀田先生

当院もリストアップされています。

院内に置いております。在庫あります。

春の嵐が来るそう。今、正午、晴れ。

嵐の前の静けさでしょうか。

朝の万葉まほろば線はのんびり。春の光を感じました。

懐古的な歌。

2月も終わります。

史上最高のインフルエンザでした。まさにインフルエンザにまみれてスギ花粉がやってきて冬季オリンピックが終わった、、、2月でした。わかってるけど、28日じゃ少な過ぎる如月という月は。

しかし、インフルエンザ、AもBもまだいます!お気をつけあそばせね。

2月の3首

 

 


最近右目になにかがいる。

まつげにホコリがついてるのかと思ったがそうでもない。

母が黄斑裂孔だったし、ottoちゃんが網膜中心静脈閉塞症などと言われてるので、大丈夫だとは思ったが、友人の眼科を受診した。

彼は学生時代いっしょに実験、実習、そしていっしょに⁈試験を受けて卒業を勝ち取った同士です。母もottoもお世話になっています。

結果。華麗カレイ加齢ざんす(-.-;)y-~~~

硝子体に曇り。飛蚊てやつですか。

しかし、うちの若いスタッフも同じこと言ってるので、加齢というだけでもないでしょ。視力はちゃんと保たれてるし、どこも悪くない。ってこと。もちろん加齢による白内障も緑内障も無し。ほっ。

華麗なる歌2首。白髪と目の星。


福井はすごい雪らしい。

メガネと言えば鯖江!とばかり、鯖江までメガネを作ってもらいに行った先のTさん宅も、かなりの雪かと案じまして、

大雪お見舞いメッセージを送ったら、

自宅が雪に埋もれている写真を送ってくださいました。

雪解けが待ち遠しいですね。なんて月並みなセンテンスを打とうとして、「ゆきどけ」を変換して考えた。「ゆきどけ」は「雪解け」だけど、「雪がとける」は「溶ける」か「融ける」だよなあ。「雪解け」には難解な問題が解けると同じくらいの意味があるのね。

でも、キャンディーズの「ゆきーがとけてかわーになってながれていきます🎵」は「解けて」だよ。と、ottoちゃん。なるほど!