ドキドキイビキ職人みみはなこのブログドキドキ 
いびきと睡眠時無呼吸 で悩む
すべての人々とその隣で眠る相棒たちに
捧げるメッセージをお届けすべく始めました。
アメブロの過去のブログをご覧いただければ、
いろいろなパターンのイビキに悩む
愛されるべき人たちが織り成す物語をお楽しみいただけます。  
なにかのお役に立つこともあろうと思います。
ラブラブ どうぞよろしくお願いします ラブラブ

夏のインフルエンザってやはりあるんですね!
今シーズン?初のインフルエンザ🅰️
びっくり‼️
となりの市では学級閉鎖だとか!

あたしが卒論を書いた頃でさえ、ロジェ・カイヨワはメジャーな哲学者ではありませんでした。が、彼の学問を細分化しない学際的な思考の仕方に興味を持ち、卒論のテーマに選んだのが、ん十年前。
人生で一番勉強したと思う。その後の人生には何の役にも立ってないと思うが、時折、彼と自分の論文の存在を思い出すことはある。アゴン、アゴン、ミミクリー、イリンクス。錆びない。
たぶん、8月というこの時期を意識してこの番組が放送されたと思いますが、ロジェ・カイヨワの「戦争論」
https://www4.nhk.or.jp/meicho/


なぜか、カイヨワの著作の中でこれだけ読んでなかった。。。


届きました❣️
キルト作家百恵さんの本

この手仕事の素晴らしいこと
てまひまかけるということ

ん?てまひま って手間隙?手間暇?

調べたら同義らしいが、
忙しくててもその時間の合間を縫ってという感じが出るのは「手間隙」ですね。

寄り道してしまいましたが、
この本、作品とその写真も素敵ですが、
文章がなんとも柔らかい。
歩んできた人生が滲む言葉の宝石箱です。

小学生の割り算が出来れば、
1時間あたりに10秒以上の呼吸停止が何回あるかで、その重症度を計るとき、回数が多い方が重症だということはわかりますよね!
しかしですねー、一回あたりの呼吸停止時間が長過ぎると、1時間あたりの回数が減ることも、割り算出来たらわかりますよね。
無呼吸で重症なのは、回数も、ですが、一回あたりの呼吸停止時間です。これが長すぎると血中酸素飽和度がかなり下がります。危ないのはこのタイプ!

健康は良い睡眠から。

良い睡眠は美容の味方。

大阪は今日も熱帯夜‼︎


今朝の万葉まほろば線車窓から。
青々の二上山の上、真白き飛行機雲二本。

暑い。

こっちで診察中、あっちで聴力検査をしているスタッフが、検査室に患者さんを誘導しながら
「くつぬいであがってください」
と言ったその後、
「は?ふくぬぎまんの?」
と聞き返したオッチャン(とあえて言わせて)の患者さん。
こっちに聞こえてきたその会話がツボに入って笑いを止めるのに必死。こっちにいるあたしたち皆、それぞれのツボに入って、クスクス。
「ふく、やなくて、くつ」
と言われたご本人も笑ってました。

ここからは真面目な話です。
このお方の聴力は正常ギリギリで、補聴器は不要でしたが、これぞ語音聴力の低下なんだな。
そういえば、音は聞こえるけど言葉が聞き分けられないってこと、あるかもしれない、、でしょ?!


また、まだ、インフルエンザ!
もはや、昨年末の予防接種も無効かも〜。
気をつけましょう〜ねっ!


2.3日前から急に鼻が!
と言う患者さんが立て続けに来られた。
気温の上昇を反映するのかあるいは風向きなのか、ヒノキ花粉がかなり飛んでいるようです。スギとヒノキは抗原のカタチがにているそうですから、両方に反応する人が多いです。まだまだ要注意です!

満開の桜。今年は桜が長く楽しめますね。

耳栓をして寝ていた夫の耳栓が取れなくなり、病院で全身麻酔で取らなきゃならないかもしれないハメに。

それも妻のイビキのせい!

というわけで、その日夫は病院に、妻は当院に。

笑いごとではありません。
鼓膜の危機!そして夫婦の危機!

ことの顛末は
耳栓は3日に渡って2軒の耳鼻科で悪戦苦闘の末、やっと取れ、
妻のイビキは検査の結果、音の鳴りにくい方法を見つけ出して改善!
日々人生模様を見せていただいております。

この夫、実は自分もひどいイビキだそうで、
次は彼の治療だよ。

なんと
インフルエンザ🅰️
に久しぶりに出会いました。
と思ったら
午後からインフルエンザ🅱️

まだいます!ご注意!